婚活パーティーでフリータイムを苦手にするか得意にするか

次へ繋がるヒントを得られたら十分成功

皆さんは婚活パーティーのフリータイムって得意ですか?苦手ですか?私は婚活パーティーにはいくつか参加してきましたが、なかでもこのフリータイムが一番苦手です。
参加されたことのない方のために説明すると、婚活パーティーの多くはまず受付をし、その後プロフィールの記入→自己紹介タイム→フリータイム→カップリングという流れで進みます。
自己紹介タイムのあとに中間カップリングとして、気になる方の番号やお名前を記入することも多いです。
このフリータイムでは、自己紹介タイムで気になった方とお話をし、お互いを良く知ることで、その後のカップリングの可能性を高めるのが一番なのですが、そのためにはいくつか関門があります。
まずはそもそも気になる人がいなかった場合です。
ちょっとでも話を聞いてみたい人がいれば、もうそれは気になる人に含めてしまって下さい。
婚活を長く続けていくと、悲しいですが好きになるという感覚がわからなくなりがちです。
「もう少し話をしてもいいな」と思ったらそれは気になるということで。
それでも「今回は全然だめだ」という回も存在するのです。
気になる人でなくても、相手方と会話をすることができれば、たとえそれが実らなくても意味があります。
折角婚活パーティーに参加しているのだから、「こういうタイプはやっぱりだめかも」「意外と面白い人もいるんだな」など、次へ繋がるヒントを得られたら、十分成功だといえます。

次へ繋がるヒントを得られたら十分成功一番の問題は異性から全く声がかからず壁の花と化してしまうこと「モテている」ような気分になれます